自動車保険を「格付け」で選ぶ

自動車保険も他の保険やサービスと同じく、比較サイトなども多く登場したことで比較検討しやすくなった上に、同じ条件でもより保険料の安い所を探せるようにもなり、利用者にとっては選びやすい環境になってきました。

保険料の安さを第一条件として選ぶというのも悪い選択肢ではないと思います。
サービス内容や補償内容をよく吟味して、保険料は二の次で選ぶというのも悪くないと思います。

どのような選び方をしてもその人の価値観ですし、正解という選び方もない気はしますが、今回は「格付け」という視点から自動車保険をみていきたいと思います。

小学生や中学生が終業式などを迎えると貰ってくる「通信簿」ともいえるものが、「格付け」として自動車保険会社それぞれを評価して公表されています。
格付け会社が独自の調べで評価しているもので、自動車保険会社の財務状況をランク分けしています。

格付け会社はいくつもありますが、「スタンダード・アンド・プアーズ」社が公表しているものを参考にするといいかもしれません。
さらにいくつかの格付け会社(ムーディーズ社など)の評価を見ることができれば最良ですが、生命保険や損害保険とは毛色が違うのが自動車保険会社の保険です。
基本的に自動車保険は一年契約で更新ですし、他の保険のように長期契約というものではないため、一年で会社の財務状況などが急激な変化をするということはなかなかないかもしれません。

ただ目安として、高いランクをつけられている自動車保険会社は財務状況が健全であり、多くの「責任準備金」を用意していて、支払い能力に余裕があるということですから、格付けを考慮に入れるというのは決して無駄にはならないはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>